2017年08月12日

Vol27-1永耒努様_前編

セラピストが発信するラジオ「セララジ」です。

永耒努様をゲストに発信します
前編です。



株式会社コンパス 代表取締役

ルールを決めることの苦悩は?
STが関わっていれば食事は大丈夫という責任は?
家族のサポートを扇動するには?

会社の名前には、名付けた人間の思いがある

病院身体が最も弱っている時に関わる場所であり
フリーランスは身体が資本となり
起業すると、ルールを決めることがきるが、責任との隣あ合わせになる

言語聴覚士として、専門性を保ちつつ
コミュニケーションをとる重要性、身体に触れる重要性

他職種オーバーラップする関係性が
患者様へのリスクを最小限に、効果を最大限にする

頭で考えても解決できないことはある
判断・決断することが重要

「死んでもいいから食べたい」
という言葉をどのように捉えるのか

病院勤務、個人事業主、起業
経験したからこそ伝えられることができる

「楽しいことを一緒に探す」ことが大事だと永耒さんは言います

永耒さんの情熱・メンタリティを感じていただきたい
posted by P's at 00:58| Comment(0) | 言語聴覚士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: